王文涛書記、シカゴ・マーカンタイル取引所CEOと会見

2016-01-15

 12月2日夜、中国共産党山東省委員会常務委員、同党済南市委員会書記の王文涛は山東大厦にてシカゴ・マーカンタイル取引所CEOのPhupinder Gill氏一行と会見した。
 王書記は会見において以下の様に述べた。シカゴ・マーカンタイル取引所は世界的に有名な商業取引機構であり、先物及び先物派生金融商品の方面で広く知れ渡っている。山東省は経済的、文化的にも大きな省であり、経済規模で国内上位に位置しているだけでなく、農業や鉱業でも重要な地位を占めており、金融市場を構築する基礎が備わっている。済南市は山東省の省都であり、金融市場を請け負うための条件が整っている。済南市は現在「四つの中心の構築、現代的泉城の建設」という目標に向けて邁進しており、区域的な金融センターを構築することに全力を挙げている。今後、シカゴ・マーカンタイル取引所とのパイプを築くことで、双方の協力を推進していくことを望んでいる。
 Phupinder Gill氏は次のように述べた。シカゴ商業取引所と中国との協力は日増しに頻繁となっており、今後山東省、そして済南市とより広範な協力のチャンスを探っていくことを期待している。
 中国共産党済南市委員会常務委員、副市長の蘇樹偉と同委員会常務委員、秘書長の楊峰が会見に参加した。

関連情報